Mona&リハあおやま

記事一覧(14)

美顔鍼と内出血

半田市青山の美容鍼灸サロンMonaの松枝です。早いもので今年もあと一か月になりました。大掃除や年賀状の準備などやる事が盛沢山ですね(;'∀')今日は美顔鍼と内出血について。当サロンでは美顔鍼の時にはお顔に50本以上の鍼を打たせて頂いています。沢山鍼を打つ分、出血や内出血のリスクは伴います。特に出血は顎周りやこめかみの部分に起きやすいです。ではこの内出血は何故起こるのでしょうか。内出血は皮膚の下の毛細血管に傷がつくことで起こります。この血管は血流が良く、栄養が行き届くことで弾力性が生まれますが、血行不良により栄養不足になると弾力を失います。鍼を打った時に弾力がある血管だと血管自身が鍼を避けてくれるので傷つくことは少なくなりますが、弾力性が低下した血管だと避けることが難しくなります。それにより出血や内出血のリスクが高くなります。この内出血が起きることは、見た目に影響が出るのでマイナスイメージを持たれますが内出血ができた部分では他の部位よりも自己治癒力が大きく働くため、美容には良いことなのです。内出血ができてしまった時は早く治すために、血液の材料になる鉄分や吸収をよくするビタミンCを摂取するのをおススメします。丁度お鍋が美味しい時期ですので、豚肉や春菊などで鉄分やビタミンが多く摂れます。身体を冷やさないようにして日々を過ごしてみてください(*^-^*)