顔のたるみはどこからくるの?

気が付いたら頬がたるんできた…。

目元がたるんできた…。

歳を重ねるにつれ気になるたるみですが、このたるみはどこからきたのでしょうか?

顔には脂肪組織という塊がそれぞれの場所に配置され、その表面を皮膚で覆っています。

例えるのでしたら顔のパーツパーツに膨らんだ風船があるイメージでしょうか。

その風船がしぼんでくると弛みがでてきますよね。顔も脂肪組織が加齢とともにしぼんでいきます。それにより張っていた皮膚が垂れ、たるみやしわになります。


パーツごとの脂肪組織を支えているのが靭帯になります。靭帯はしぼんで垂れてきた組織の重さにより徐々に伸びていきます。それにより靭帯の位置が変わり、くびれとして表面にでてきます。涙袋のたるみやゴルゴ線はこの一連の加齢変化によって出てくるものなのです。

また、顔の筋肉の筋力低下、皮膚の柔軟性が失われることもたるみやしわの原因となります。


では、美顔鍼はたるみやしわに効果があるといいますが、どう作用するからでしょうか。

①美顔鍼では、あえて顔に鍼を刺すことで傷を付けます。この傷を治そうと働く自己治癒力の中でコラーゲン・エラスチンなどが生成され、潤いが生まれハリが出てきます。


②硬くなってしまった筋肉を鍼によって和らげることで皮膚に柔軟性が生まれます。


③自己治癒力によって肌が活性化することで、ターンオーバーが整えられます。


この自己治癒力を引き出すのが美顔鍼の特徴ですが、自己のものではあるので日頃の生活習慣が効果の違いを生みます。

充分な睡眠は勿論なこと、運動や食事も大切になります。

自己治癒力を高めるためにも日頃の生活習慣を見直しているのもいいかもしれませんね。

Mona&リハあおやま

愛知県半田市にある美容鍼灸サロンです。歩行困難な方を対象とした訪問リハビリマッサージも行っております。 お一人お一人の状態に合わせて丁寧にサポートをして参ります。

0コメント

  • 1000 / 1000