シミの種類と美顔鍼

半田市青山の美容鍼灸サロンMonaの松枝です。

今日は多くの方が気にされるシミについてです。


一口にシミと言っても何種類もあるのをご存知でしょうか。

このシミはそれぞれ深さは違い、雀卵斑(ソバカス)→肝斑→ADM→太田母斑(おおたぼはん)の順に深くなっていきます。

残念ながら真皮にできる深さのシミ(ADM・太田母斑)は美顔鍼やエステでは改善が難しいですので、形成外科や皮膚科でのレーザー治療をおススメします。


シミが広がることがありますが、これは細胞の栄養不足や血行不良によって起きることもあります。弱った細胞を元気にしようと周りの細胞が栄養を送ろうとしますが、栄養不足や血行不良であると、送った分のエネルギーを回復することができずに、自分自身も弱ってしまい、シミになるからです。

一度できてしまったシミは日頃のケアをしない限り良くなることは難しいです。


美顔鍼はターンオーバー異常によるシミや、栄養不足・血行不良で広がろうとしているシミに対して効果を発揮します。


美顔鍼はあえて傷を付け、それを治そうとする自己治癒力を元にターンオーバーを正常化させ、美肌に導いていきます。

また毛細血管も活性化するため、お肌に栄養を届けやすくなります。


鏡で自分のシミを確認してみて、自分がどういったタイプのシミなのかは知ってみましょう(皮膚科での診断が早いかも…)


シミにはビタミンCや、予防するためのリコピン、ビタミンB2などが効果がありますので、食事でも意識してシミ対策をしていきましょう!

Mona&リハあおやま

愛知県半田市にある美容鍼灸サロンです。歩行困難な方を対象とした訪問リハビリマッサージも行っております。 お一人お一人の状態に合わせて丁寧にサポートをして参ります。

0コメント

  • 1000 / 1000